• 土谷守生

パワースラロームで3年連続V  フィル・メーア



 フィリップ(フィル)・メーア。弟スティーブとともにアメリカが生んだ“世界最強ツインズ”として2人併せてワールドカップ36勝をマーク、オリンピック、世界選手権ともメダルを獲得している。  フィルは1975年にスティーブより1年早くワールドカップデビューした。デビュー当時は、ただがむしゃらに全種目トライした。アメリカの選手らしく、荒っぽいスキーで回転から滑降まで出場、だから複合ではトライする選手が少ないこともあって上位に入るようになりレークプラシッドオリンピックが開催された1980年には「複合1位」となった。  すると1981年、フィルはワールドカップで一気にブレークした。このシーズンから世界の勢力図は「アメリカとスウェーデン」に変わり、最強を誇っていたオーストリアの衰退がはじまる。(1984年サラエボオリンピックでオーストリアチームは銅メダル1個しか獲得できずコーチは全員クビになった)  逆手でポールをなぎ倒しながらパワースラロームを展開するフィルは、失敗も多かった。対するステンマルクは、同じパワースラロームでも力まかせに無駄な動きが多いフィルと違ってパワーを効率よくスキーに伝え流れるように加速する。しかし、回転と大回転2種目でしかポイントを稼げないステンマルクに対してフィルは複合でトップの成績を残して初の総合優勝を飾った。実質、ワールドカップ3シーズン目での快挙である。  王者ステンマルクの滑りを研究して自分の欠点を見つめなおしてトライした1982年、フィルは開幕からパワー全開、なんと回転、大回転、複合で1位と圧倒的な力を見せつけて2年連続総合優勝を飾り「世界最強」選手に登りつめた。  1984年サラエボオリンピックのシーズン、フィルとスティーブにとって“天国と地獄”が待っていた。オリンピックを1か月後に控えた1月、スイスのパルパンで行われたワールドカップの回転で1位スティーブ、2位フィルと初の兄弟ワンツーが達成された。しかし、競技終了後、1位と2位が失格となるゼッケン取違い事件が起きたのだ。ドローが終わってゼッケンがチームごとにコーチに手渡され、フィルとスティーブは渡されたゼッケンを疑いもなく翌日着用して出場した。ところが、2人があまりにも似ていることからコーチが誤ってゼッケンを渡していたことによる悲劇だった。  その悲劇から1か月後、サラエボオリンピックの回転で、今度はなんと1位フィル、2位スティーブと五輪史上初の兄弟ワンツーが達成された。こんなことがあるのかという、まさに兄弟による天国と地獄の1984年だった。  フィルが1回目の総合優勝を果たした1981年、K2スキーのプロモーションで来日した際、フィルにインタビューする機会があった。型どおり、年間のスケジュールを聞いていて驚いたことがある。  それは、3月のワールドカップが終了してから10月まで雪上トレーニングは一切しないというのだ。「5月~6月くらいから滑っているなんて僕には考えられない。1年中滑っているとトレーニングのためのトレーニングになってしまい効果あるとは思えない。長い時間をかけるのは集中力が散漫になりけがをする要因にもなり、疲労も蓄積される。だから僕は夏はゴルフをやったりウインドサーフィンをやったり遊びながら体作りをやっている。そして自分が無性に滑りたいという気持ちが高ぶってきたときにはじめて雪上へ出るんだ。それが毎年10月くらい。そうすると短期間で内容の濃い集中したトレーニングができる。本数も多く滑らず、いい感触を得たら1本でも2本でもそこで止める。ある程度技術が出来てきたらこれでいいんじゃないか」と言っていた。  ヨーロッパの選手を取材していて10月まで一切雪上に立たないというのは聞いたことがない。合理的というか、新しい時代の新しいチャンピオン像をつくり上げたフィル・メーア。 スティーブもワールドカップ総合3位、オリンピック銀メダル、世界選手権金メダルを獲得、世界最強のツインズはこの先も出てこないだろう。(写真下の広告は1978年K2スキーの発売元K2ジャパンが制作したもので彼らが18歳のブレーク前。ゼンマイ仕掛けになっているユニークな広告で当時話題となった)

フィル・メーア 1975年(デビュー)~1984年(引退) オリンピック

1980年/レークプラシッド 複合金メダル 回転銀メダル 1984年/サラエボ 回転金メダル ワールドカップ

1981年/総合優勝 複合1位 1982年/総合優勝 回転1位 大回転1位 複合1位   1983年/総合優勝 大回転1位 複合1位 ワールドカップ通算27勝(大回転7勝・回転9勝・複合11勝) ※通算勝利は2008年ボディー・ミラーに破られるまでUSチーム史上最多勝利を誇っていた。

2回の閲覧
  • Facebook - Grey Circle

Copyright© SNOWGEEK All Rights Reserved.